株式会社ヤマチコーポレーション(2019年入社)

ライフサポート事業部

R.T.(東海大学 国際文化学部 地域創造学科)

就職活動はヤマチユナイテッド1本勝負

学生時代、アルバイトをしていたお店の方が若くして起業した話を聞き、その時から僕もいつかは絶対経営者になってやる!という強い想いが芽生えました。
とは言っても、いきなり経営者になるスキルやノウハウがなかったので、就職活動をすることに。業界は特に絞らず、自分を成長させられる会社か、毎日わくわく楽しく働ける会社か、という観点で色々な会社を見ました。

ヤマチユナイテッドとの出会いはインターンシップ。そこで、入社してすぐに将来事業責任者になるための研修(フレッシャーズキャンプ)制度があることを知り、この会社しかないと感じました。それからは、何度もヤマチのインターンシップに参加し、全ての部署の社員と接していく中で、経営者の方と接する機会が豊富なスーパーバイザーという職種に惹かれるように。

入社から半年後、ライフサポート事業部のスーパーバイザーとして加盟店を任せられるようになりました。今は「きたえる~む」というデイサービス事業をフランチャイズ展開している店舗へ、売上向上やスタッフの採用・育成などのサポートをしています。加盟店さんごとに課題や悩みはそれぞれですが、それらを解決するための提案を考え尽くし、万全の準備をして加盟先の社長にプレゼン。自分の提案を実践してくれて、感謝の言葉を頂いた時、この仕事に就いて本当に良かったと実感しました。

チーム運営の難しさを知ったフレッシャーズキャンプ

新人の登竜門でもあるフレッシャーズキャンプは、1年間を通して最も活躍したチームへ賞が与えられます。僕は入社前から、1位を獲りたい!その一心で研修に臨みました。

自らチームのリーダーを買って出ましたが、メンバーをまとめられず、思うようにいかないことの連続に頭を抱えましたね。どう乗り越えるか考えた末、その人自身を理解しようと、とにかく会話をしたんです。その結果、一つの目標に向かうチームとしてのまとまりが生まれ、チーム賞をもらうことが出来ました。一見当たり前のように思えることが、とても大事だと気付かされました。フレッシャーズキャンプでは、経営のノウハウや問題解決のためのフレームワーク、そしてチームマネジメントの在り方を、身を持って学べたと思っています。入社1年目でこんな貴重な経験をさせてもらえたのだから、来年は事業部内で自分のチームを持てるまでに成長すると自分を鼓舞しています。

後輩の手本となるような存在を目指して

チームリーダーとしての経験が評価され、来期フレッシャーズキャンプを運営する事務局に選ばれました。事務局の仕事は、毎月社長と研修カリキュラムの打ち合わせをしたり、自ら研修の講師をしたりすることもあります。事業部内でも新入社員を育成するためのプロジェクトメンバーに抜擢され、やる気十分です。

自分の成長はもちろん、今後入ってくる新入社員が活躍できるステージをもっともっと作っていきたいです。まずは近い未来、一つの事業部を任せてもらえるようになることを目標に邁進し続けます!

TOP