株式会社ジョンソンホームズ(2015年入社)

新築住宅事業部

R.S.(北海学園大学 工学部 建築学科)

自分自身の可能性を、広げられそうだと感じて

大学で建築を学び、住宅の分野に興味を持っていました。学生時代のアルバイトを通して接客の楽しさも経験していたことから、住宅会社でお客さまと直接向き合う営業職に絞って就職活動をしていました。

ジョンソンホームズを含めたヤマチユナイテッドには、様々な事業部があります。入社を決めたのは、事業が多岐にわたる分、新規事業が増えていく分だけ、チャレンジできる場があると感じたから。それと、勤務年数や年齢に関係なく上のポジションを目指せる環境だと知ったからです。

ほかにも複数の会社を受けました。住宅の営業に就きたかったことに変わりありませんが、それだけではなく、いろいろな経験ができて自分の可能性が広がりそうだと一番に思えたのが、ジョンソンホームズでした。事業部の責任者を任されるくらいになるためにも、今はこの住宅営業という仕事でもっと活躍したいですね。

住宅営業に就いて驚いたのは、売って感謝されること

家という高額な商品を本当に提案することができるのか。当初、不安に感じることもあった私にとって、何でも聞ける指導担当の先輩がいてくださったことが心強かったです。私が大事にしているのは、そのお客さまのために何ができるかをとことん考えて行動に移すこと。そのことが、契約という成果に結びつくのだと感じています。

最初にお引き渡しをしたお客さまの幸せそうな笑顔は、私の原点です。こちらは販売する立場なのに、心から喜んでいただける。住宅の営業がこんなにも感謝される仕事だとは正直、思っていませんでした。家を持って幸せになる人を増やしたい。お客さまの幸せの実現のために役に立ちたい。そんな思いを持って日々行動することで、お引き渡し後も楽しくお付き合いが続くお客さまが増えていくことが、一番のやりがいになっています。

委員会委員長として奮闘、次に向かう経験を積めるのが魅力

社内には、社員でつくる委員会の活動があるのですが、この活動によって部署や勤続年数に関係なく横のつながりが広がっていきます。数ある委員会の中で、私は人材育成委員会の委員長を経験しました。委員会の内容は毎年変化しますが、私が担当した一年間は、社内の催しとして業績報告の場を設けたり、先輩社員が新卒社員の相談役になってサポートする里親制度というものを運営したりしていました。

委員長に就いたはじめのうちは、通常の業務とのバランスを取るのが難しいと感じていました。ですが、時間の使い方を振り返ってみる良い機会にもなり、自分なりに工夫して実行してみると意外と時間の余裕をつくることができましたね。

メンバーのアイデアや意見を取りまとめたり、企画の方向性を固めたり、奮闘しました。早いうちから委員会というひとつの組織のリーダーを任されるのは、私にとってはとても魅力的なこと。この経験から、将来は事業部の責任者を任されるくらいに成長していきたいと強く思うようになりました。

TOP