株式会社ヤマチコーポレーション

ライフサポート事業部

S.M.

ヤマチユナイテッド以外、考えられなかった

私は自分自身がたくさん成長できる、活躍できる環境を求めていました。ですので、何をやるかよりもどこで働くかを軸にして就職活動をしました。企業の合同説明会イベントに参加したとき、すごく自信を持って自社の説明をするヤマチユナイテッドの先輩社員のみなさんが輝いていて。いきいきと楽しそうで、自分も仲間に加わりたいと思いました。

「100 VISION」の考え方に惚れたことが、入社の大きな決め手になりました。「100 VISION」を知って、自分の可能性を見つけて挑戦できるイメージを持つことができたので、ヤマチユナイテッド1本しか受けませんでした。

所属しているライフサポート事業部では、身体機能の回復を目指す機能訓練に特化した「きたえるーむ」というデイサービス施設を、全国にフランチャイズ(FC)展開しています。「きたえるーむ」自体は介護の分野ですね。私はスーパーバイザーとして、加盟店さまに対して売上向上のためのアドバイス・サポートを行っています。加盟店さまの店舗運営をより良い方向に導くという仕事はもちろん、その地域で通所される利用者さまがサービスを喜んでくださることにも、やりがいを感じています。

フレッシャーズキャンプで、身につけたチカラ

ヤマチユナイテッドには、フレッシャーズキャンプという山地社長が講師の新人研修があり、私も受けました。本を読んでレポートを書いたり、収益など数字に関することやマーケティグについて学んだり、新たな事業のアイデアを考えてプレゼンテーションしたり。これは、オンリーワンの経験かなと思います。

たとえば、経営者ならどうか、リーダーならどうかというように、“視点を使い分けて考えてみる”ということが自分の中では大きな学びでした。それと、たくさんディスカッションするので、考えを話す力がつきましたね。仕事の現場では目上の方とお話しする機会が多いのですが、そうした場面でも自分の意見を伝えることができているのは、フレッシャーズキャンプを通じてアウトプットする力を身につけられたからだと感じています。現在私はスーパーバイザーのチームをまとめるマネージャーの仕事をしていますが、広い視野を持ち様々な視点から事業部・会社のために動くよう意識しています。その意識もフレッシャーズキャンプで身につけたチカラだと思っています。

5年後の自分を想像すると、わくわくする

私は入社当初、5年後のビジョンとして、事業に関わるリーダーになっていたいという目標を掲げていました。人をまとめるポジションに就き、チームのメンバー全員が全力を出せるようにマネジメントできるリーダーになることを目指していました。そして、現在はスーパーバイザーのチームをまとめるマネージャーとして業務を行っています。入社当初の目標を達成した今、5年後は事業部全体を引っ張る存在として成長していきたいと考えています。

全ての業務を全力で取り組んできたからこそ今があると思っています。雑務からイベントごとのリーダーまで、積極的に引き受けたり、自分から手を挙げたりして取り組んできています。入社から今まで、「やってみないか」ということに対して一度も「NO」といったことがないのが、唯一の自慢です(笑)。何でもチャンスととらえて積極的に行動することで、可能性が広がっていくことを実感しています。

TOP