株式会社ヤマチコーポレーション(2018年入社)

建材事業部

M.M.(藤女子大学 人間生物学部 人間生物学科)

理想の社会人像がヤマチにはあった

大学で住環境について学んでいたことから、住宅やインテリアに関わる仕事がしたいと考えていました。ヤマチユナイテッドに出会ったのは大学3年生の時。インターンシップに行ったのがきっかけで、すぐに「ここで働きたい!」と思いましたね。

インターンシップで出会った社員に憧れて、建材事業部に入社を決めました。インターンシップなのに就活アドバイスまでもらえたことにビックリしたのを今でも覚えています。希望塾という就活支援イベントも開催していて、エントリーシートの添削や面接対策までしてくれたんです。インターンシップで出会った憧れの社員とは、今は直属の先輩後輩の関係。先輩が導いてくれたように、私も学生に「理想の社会人」と思ってもらえるような存在になりたいです。

年々やりがいが増えていく

建材事業部は、お客様からご注文いただいた商品をメーカーに発注し、お客様の元へお届けするのが仕事。一つのケアレスミスが、大きな問題に発展する事もあるので、一つ一つの仕事を丁寧に行う事を心掛けています。商品を納期通りに納めることだけでなく、急な発注にも迅速に対応します。お客様から「頼んでよかった。助かった!」と言ってもらえた時、とてもやりがいを感じます。

1年程前から、チームリーダーというポジションを任せてもらっているので、より一層の責任感を持ちながら、チームメンバーが輝く環境づくりにも力を入れています。最近では、周りから「チームメンバーの〇〇さん頑張っているね」と言われることがとても嬉しく、それがやりがいに繋がっています。入社当初は想像もつかなかったやりがいを見つけることが出来ています。

新しい事にもどんどん挑戦していきたい

私自身、入社3年目は大きな挑戦をした年でした。チームリーダーとなり、マネジメント業務など初めての事ばかりでしたが、自分自身とても成長できたと思っています。今まで見えてなかった世界が見えるようになり、数年後のビジョンにも変化がでてきました。一般的には若手と言われる年代から責任ある仕事を任せてもらえたり、役職がついたりと、ヤマチユナイテッドはどんどん任せる社風。そんな社風だからこそ、私も怖がらずに挑戦したいと思えているのかもしれません。

ヤマチユナイテッドは100VISIONという目標に向かって、頻繁に社内で新規事業が立ち上がっています。将来は私も新しい事業に携わりたいと考えています。ヤマチユナイテッドのミッションでもある、世の中に幸せをばらまけるような事業を生み出し、もっとお客様に愛される企業を目指していきたいです。

TOP